木製の両引き戸を自動ドアに改修

お寺の手動の木製引き戸をなるべく傷めず、また建築物と違和感なく自動ドアにできないか、というご依頼をうけました。

今回のドアは中央から引き分ける引き戸。ドアはわりあい大きく、重量があります。そのぶん、開け閉めが大変で、とくにご高齢のかたには負担がお大きいとのことでした。まかせてください、とさっそく現地調査し、製品の選定、施工方式の決定の後、お見積り提出いたしました。

調査の結果、当初はドア上部に木製の化粧カバーをつけ、オートスライドのレールや本体を隠す化粧箱を設置する案もあがりましたが、オートスライド以外の大工費用がかさむこと、もともと引き戸の高さが低く、カバーによってより縦方向が狭くなり、使用するえで不便ということが決定打となり、最終的には現地調査のうえ、FAS07の採用となりました。

FAS07は自動ドアエンジンそのものを一点ものカバーに内蔵する方式です。
手動ドアを接続する方法は、吊り式と、現在の戸車を残す方式があります。

戸車式はどうしても、頻繁に使用する引き戸では、レールがだめになったり、戸車が悪くなるのですが、今回のお客様の引き戸は、非常に掃除がいきとどいており、戸車を分解してもごみ一つでないほどでした。ですので、戸車をそのまま使用したタイプとしました。

内側はセンサーでドア手前に手をかざすと開きます。外側は無線式のタッチスイッチと無目式のセンサーの併用なっており、リミットスイッチをかませることにより、1)タッチスイッチで起動→2)起動後に無目式センサーが働き、ドアてまえで立ち止まっても、閉まってこない、というかたちになっています。

お寺の檀家さまは、高齢のかたが多く、ドアの安全にはよくよく配慮しなくてはならないことと、引き戸から顔をだして、中まではいらずに頭だけ引き戸にいれてお話するような、もともと手動ドアであったかたちでも、問題がないように意識してみました。

日常的に使う道具だからこそ、あることを意識しない、自然な動きをする。そんなシステムの提案をいつもこころがけております。

おすすめの記事