オートスライドをペット用自動ドアとして

オートスライドはペット用の自動ドアにも最適です

オートスライドはもともとの素性が家庭用の自動ドアであったため、ペットモードというものがございます。

これは、ペットの身体の大きさにあわせて、お使いの引き戸を、人が通過するときより、小さく広くもの。

その際はペット用のマットやリモコンを使います。

リモコンは車のインテリジェンスキー型のもので、ペットボタンがついております。ただ、当然、人がそのボタンを押すので、面倒だと思われる人もおられると思います。

いっぽう、マットスイッチはペットが乗れば無線でオートスライドに開く指示が入るので、便利です

マットは静電感知式となっており、表面保護のため、フロアマットなどの下に入れて使います。(このまま使うと破れなどの原因となります)
無線式のため、配線等は不要です。マット部分と無線送信機部分とにわかれており、無線部にはコイン電池CR2016を四枚入れて使用します。

100gから感知するため、小型犬でもしっかりと反応します。

ただ、一部のワンちゃんは、このマットの匂い(ビニールかゴムの匂い)が大好きななようで、マットのしたから引き出して破いてしまうことがあります。まったく反応しない子もいるのですが・・このあたりはわんちゃんの好みの問題なので、なんともいえません。

また、こちら、屋外で浸水するような場所はむきません。耐水ではありますが、浸水するほどの水には耐えられないからです。

もし、人とペットが塀用する場合はマットに乗ったときに、再度タッチスイッチをおす形とになります。

マットスイッチでペットの幅だけひらき、タッチスイッチで人の幅だけ開きます。

また、人とペットの区別が不要で、とにかく開いてほしい、というのならば、超音波式の人感センサーがおすすめです

日本の自動ドアでもっとも多いタイプは光(赤外線)式のセンサーですが、床近くは光の反射が多く、正確に感知するのが難しい、のが実情です。

これを解決するのが、超音波式のセンサーです。こちらは潜水艦のソナーのように超音波を出して、その反射から、動く物体を感知します。ですので、床上に何かがうごいてもしっかりと拾うわけです。

この超音波センサーは防水構造となっており、屋外での設置も問題ございません。

ペット用の自動ドアについてご検討のかたはぜひご連絡ください

 

 

 

 

関連記事

  1. ビジネスマッチングフェア桐生2017に出展します

  2. オートスライド有線センサーの種類について

  3. 後付け自動ドア設置事例(工場での導入実例)

  4. オートスライド設置例(車いすで通過するドアを自動化)

  5. アルミサッシを後付け自動ドア化(オートスライド)

  6. 住スタイルTOKYO2017に「オートスライド」を出展いたします。

最近のページ