オートスライドはペット用の自動ドアにも最適です

日本版のオートスライドは設置方式や各種センサーを充実させることで、店舗、工場、施設などでのご使用がふうています。ただ、もともと、この製品は家庭内のドアを自動化する、家庭用自動ドアからはじまりました。

ご家庭に自動ドアを導入する目的は、バリアフリー化が大きいのですが、大切な家族であるペットの利便性向上のために自動ドアにするかたもおられます。

もともとオートスライドにはペット専用モードがございますが、日本版ではありまこれを推奨してません。ペットモードでは、ドアをペットの幅だけ小さく開く、ということができますが、現時点では、人とペットを明確に区別するだけの性能をもったセンサーがないため、採用していないのです。将来的にAIなどで、完全に物体を認識し、人と物、ペットなどをすべて識別できるようになったときに、この機能は活きると思います。

そういうわけで、現在、オートスライドをペット用ドアとして使用していただくときは、ふつうに設置、設定していただきます。

ただし、ペットはタッチスイッチはおせないため、マットスイッチを推奨しております。

マットは静電感知式となっており、表面保護のため、フロアマットなどの下に入れて使います。(このまま使うと破れなどの原因となります)
無線式のため、配線等は不要です。マット部分と無線送信機部分とにわかれており、無線部にはコイン電池CR2016を四枚入れて使用します。

100gから感知するため、小型犬でもしっかりと反応します。

ただ、一部のワンちゃんは、このマットの匂い(ビニールかゴムの匂い)が大好きななようで、マットのしたから引き出して破いてしまうことがあります。まったく反応しない子もいるのですが・・このあたりはわんちゃんの好みの問題なので、なんともいえません。また、こちら、屋外で浸水するような場所はむきません。耐水ではありますが、浸水するほどの水には耐えられないからです。

また、もしマットが無理だ、というのであれば、超音波式の人感センサーがおすすめです

日本の自動ドアでもっとも多いタイプは光(赤外線)式のセンサーですが、床近くは光の反射が多く、正確に感知するのが難しい、のが実情です。

これを解決するのが、超音波式のセンサーです。こちらは潜水艦のソナーのように超音波を出して、その反射から、動く物体を感知します。ですので、床上に何かがうごいてもしっかりと拾うわけです。この超音波センサーは防水構造となっており、屋外での設置も問題ございません。

もちろん、ドアにちかづけばあいてしまうので、ペットがドアのそばをうろうろしても開いてしまいます。そこはむずかしいところですね。

ペット用の自動ドアについてご検討のかたはぜひご連絡ください。

おすすめの記事