cof

ご家庭のバリアフリーに自動ドア

車いすユーザーさまにとっては、ドアは邪魔な存在だと思います。

一般的にドアに関するバリアフリーは開き戸を引き戸にすることですが、ただ、ただ、引き戸も車いすに座ったまま引くのは少しコツがいりますし、そもそもドアをひく、という動作がうまくできないかたもおられます。その場合、家庭内に自動ドアを設置するのが一番です。

自動ドアというと高額なイメージがあるかと思いますが、オートスライドならば大丈夫。10万円台から自動ドアが手に入り、鍵付きなどの最上位機種でも20万円まではいきません。

こちらのお客さまの場合、手のひらにのるリモコンでドアをうごかしたいとのこと。また、自動で鍵もかかるようにして外出したいとのことでした。

屋内のほかのドア、引き戸は基本的にはつねにあけたままにされているようですが、外はそうはいかず、外にでるたびに、ドアを閉めるためだけに人の力をかりなければならないため、不自由をされていたそうです。

今回設置させていただいたのは、後付け自動ドアオートスライドの鍵内蔵タイプ、「オートスライドロック」専用のリモコンキー、あるいはテンキー、カードキーでドアを動かすタイプです。

この製品の最大の特徴は、小さな本体のなかに自動ドア装置と後付けの電磁鍵が内蔵されていること。つまり、これを設置するだけで自動で開き、自動で閉まるドアを手に入れることができます。基本はリモコンキーを使用されることで入退室をし、施錠しますが、まんいち鍵をもたずに外にでてしまったときのため、専用のカード、テンキーでも解錠できるようにもなっております。

cof

dav

上記の補助金は20万円までの補助がでます。

今回はおつきあいの深い地元栃木の工務店さまと一緒に施工し、その様子をお写真に。鍵付きのオートスライドでかつ、リモコンを複数台、カードキーも10枚以上でしたので、それでも20万円くらいです。

また、今回一番大きいのが、この20万円ぶんをまるまる国の補助金を使用して設置したこと。つまり、お客様はほぼゼロ円でこの自動ドアを導入いたしました。

もし、市町村の担当の方が「自動ドアでの申請実績がない」とおっしゃられた場合は、弊社のHPを事例としてご担当者さまに、参考提示していただければ、話がスムースに進むと思われます。実際、家庭用の自動ドアは少なく、まだまだこれからの製品です。

私たちの自動ドアで少しでも生活の不便が解消されれば、これにまさる喜びはありません。ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

おすすめの記事