家庭用自動ドア オートスライドのタッチスイッチ

家庭用自動ドアとして開発されたオートスライド


もともと家庭用の自動ドアとして始まったオートスライドは、標準でタッチスイッチが二個ついております。店舗など、プロユースの現場では、タッチスイッチはご使用されないお客さまも多いのですが、ご家庭でのご利用ですと、むしろこちらしか使わないお客様のほうが多いと思います。

オートスライドには、タッチスイッチのほか、リモコン、無線マットなどがあり、いずれも、購入時はオートスライド本体に登録(ペアリング)されておりません。登録されることではじめて使用できるようになります。

タッチスイッチの登録方法

1.オートスライド本体カバーをはずし、コントローラー、中央やや左上にあるオートスライドマークのそばのペアリングスイッチ(senser learnスイッチ)を押してください。

2.タッチスイッチをおすたびに、電気が青くひかっていることを確認してください。電池が弱いと、光が弱くなります。その場合は電池を交換してください。電池はコイン式CR2016を4枚使用します。

押すと赤く光ります。Senser learn スイッチが赤く光ってているときに、このとき、本体に登録させたいタッチスイッチをおしてください。登録完了すれば、スイッチが点滅いたします。

このタッチスイッチは微弱無線を使用し、範囲は5m程度(ひらけた場所ならば10m)程度の範囲からとどきます。リモコン、マットスイッチも同じ方式の無線を使用しております。

タッチスイッチは1台に最大10個までのタッチスイッチを登録可能です。

登録を消去したいときは

ペアリングスイッチ(senser learnスイッチ)を5秒以上(2014年~2016verは8秒)長押ししててください。登録されているデータがすべて消え、あらたにタッチスイッチが登録できるようになります。

一つのスイッチで二つのドアを動かす

二枚のドアを中央から左右にひくタイプの引き戸の場合、一つのタッチスイッチで二枚を同時に動かすことも可能です。その場合、タッチスイッチをそれぞれのオートスライドに登録させてください。

上の動画は両引きタイプではないですが、ひとつのタッチスイッチを二つのオートスライドに登録させた例です。じつは、この二つのドア、つくりはほぼ同じですが、重さやドアの渋さなどは微妙にことなっています。ですが、結果として、みごとに同じ速さで動いていると思います。オートスライドは千差万別のお客様のドアを、なるべく決まった秒速で引き、閉めようとするプログラムをもっています。ですので、ドアの重さが異なっていても、ドア幅が同じであれば、開いてから、閉まってくるまでは同じ時間になります。

関連記事

  1. ビジネスマッチングフェア桐生2017に出展します

  2. 後付け自動ドア「オートスライド」施工|WEBマニュアル

  3. 事務所入り口のドアを後付けで自動化|東京

  4. 4年前にとりつけた後付け自動ドアオートスライドを見に行った

  5. 簡単自動ドアオートスライドを展示中です

  6. 自動ドアが得意なのは開くことだけではないのです|埼玉

最近のページ