あとづけ自動ドア オートスライド 

 

オートスライド 素人でも施工可能な自動ドア

オートスライドはこんな製品です

1.1500㎜、45kg以内のドアであれば、吊り戸、下車に関わらず設置可能

2.ドアにレールを ドア枠にオートスライドを設置するだけ 30分の簡単施工

3.設定不要。家庭用100Vコンセントにつなげば、自動でドア幅、重さを読み込み

4.センサーはすべてコード一本で本体と接続。めんどうな電源工事なども不要です

5.標準で挟み込み防止機能つき 電磁鍵を内蔵したロックタイプもございます 

6.手動で開閉、自動で閉まる他、ボタンひとつでドアを開けたままにすることも可能

7.通常の自動ドアの1/3以下 驚きの低価格です

簡単 高機能 高コストパフォーマンス それがオートスライドです

オートスライド製品・ラインナップ

■オートスライド本体セット■

レール50㎝×2、専用ACアダプター、コイン電池式の家庭用簡易タッチセンサー(無線型)が2個同梱。家庭用であれば、このセットで十分です。定価は148000(税別)~

■オートスライドロック(電磁鍵内蔵タイプ)■

自動ドア装置内部に鍵が内蔵されたタイプです。特別なセキュリティの必要な部屋に最適です。
通常はカードリーダー付きテンキーとセットで使用します。専用カードか、暗証番号で開閉します。

■防滴型人感センサー(超音波センサー)■ 工場・施設・店舗向け

 

 

 

 

 

 

 

ドア上部に設置し、接近する人を60㎝から300㎝までの範囲で感知します。一般的な赤外線式より、光や湿度の影響をうけないため誤作動が少なく、台車など、地面に近い物体の接近もしっかりとらえる次世代のセンサーです。また、センサーが感知しているあいだは、ドアを開放する機能があるため、ドアの前で人がとまっているときのドアを停止させます。一番売れている大好評のセンサーです。

■てかざしセンサー■ 工場・施設・店舗向け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドア横に設置します。手をかざした時のみに反応するため、非接触での入退室が可能です。一定時間経過後は、もういちど手をかざさないと、ドアはしまってきてしまいます。非常に使いやすく、耐久性も高いため、厨房、食品工場、病院の診察室などでご使用いただいております。

■オートスライド・無線式リモコン■

キーホルダー型無線式小型リモコンです。自動ドアの停止、開放をコントロール可能です。オートスライド・ロック(鍵内蔵タイプ)でもご使用できます。車椅子のかたに必須のスイッチです。

■オートスライド・マットセンサー■

100gから検知できる無線式マットセンサーです。踏むことでドアを開閉できます。車椅子ユーザー様、スペースの都合で人感センサーを設置できない、衛生上ドアに接触したくない、ペット用ドアとして使用したいなどのご用途に最適です。

 

 

 

 

オートスライドの施工

 

1.ドア上部にオートスライド本体を2点ないし3点でビスどめ
設置位置は、上記の1~4のいずれかになります。必ずドアにオートスライドのギアがかかるように設置してください。場合によっては付属のL字アングルをご利用ください。
 
2.ドア幅に合わせ、付属のレール(ラック)を糸ノコで切断

3 切断したレールをドアに5~7点ほどビスどめします。

レールは最大で150㎝まで延長可能です。ビス留め時に先に施工したオートスライド本体の歯車としっかり、きつく噛み合わせることが大切です。また、切断したほうの端には、エンドキャップをはめるか、新たに穴あけして、確実にドアにとめてください。レールの両端がとまってないと、レールがたわみ、オートスライドが動きません。

4.設置後、ドアを手で引いて、空転しないかを確認
施工前よりドアが重く感じられれば問題ありません。歯車がしっかりかみ合うことがとても重要です。施工前か変わらない場合は、かみあわせがゆるいため、再度施工をやりなおしてください。本体とドア上部に厚紙などを挟んで調整してもよいでしょう。
オートスライド本体寸法図
5. ディップスイッチ1の方向を確認後、電源投入
必ずオートスライドの組み換えとディップスイッチ表1~4のどれかに該当する形としてください。
ディップスイッチはコントローラーの下部にある非常に小さな櫛の歯状のスイッチです。
一番左が1番となっています。
 
電源をいれると、オートスライドで自動で動き出し、ドア幅(1回目)、ドア重さ(2回目)の学習をして、停止します。これで設置完了です。
学習完了しない場合、設置に問題がある(レールが水平でない、空転するなど)可能性がございます。
 
うまく設定できない場合
オートスライドを初期化してください。電源をいれたまま、本体下部のディップスイッチ1番を正しい方向と逆にいれ、また戻してください。逆に入れ、もどす(往復)で初期化、新しい設定をよみなおします。
付属のタッチスイッチは本体への登録が必要です。
オートスライドコントローラーのsenser learnボタンを押して赤く点滅したら、タッチスイッチを押すと登録(ペアリング)完了です。
リモコン、マットセンサーも同様です。
 
人感センサー、手かざしセンサーは付属のコードでセンサー本体とオートスライドにつなぐだけです。
コントローラー右側にあるinside senserあるいはoutside senserにつないでください。
電源供給され、自動的に同期します。微調整は本体カバー内にある調整ネジをまわしてください。
(非常に小さいネジですので、本体キット付属の小型ドライバーでまわしてください)
 
 設置が完了したら、カバーを閉じて終了です。
 
映像でのマニュアルもあります。(一部、オートスライドが海外版versionとなっており、仕様が異なりますが、基本的な設置方法は同じです

オートスライド・パンフレット
pdf形式   20p

オートスライド・マニュアルver5
pdf形式    24p(2018年5月7日更新)