オートスライドに同梱するタッチスイッチが新型に

オートスライドには無線式のタッチスイッチが二台同梱されています。このタッチスイッチが、新型に改良されます。

オートスライド・新型タッチスイッチ

オートスライドの新型タッチスイッチ

オートスライドについては、タッチスイッチは家庭用、そのほかのセンサーでプロユースという発想でしたが、日本版オートスライドにおいては、その両方が塀用できるようになっております。これは、日本では、なるべく自動ドアを反応、開放させたくない、という需要もあるためです。

内側はタッチスイッチ、外側は人感センサーも可能ですが、やはり一番多いのはあるいは内、外ダブルで人感センサー併用です。

とくに、最近は、店舗、工場など耐久性が必要なプロユースでの活用がふえており、その意味でも、タッチスイッチの耐久性向上はお客様の利便性向上につながるとおもっております。

仕様変更点は以下のとおりです。

1)外装素材を耐久性の高い樹脂へ変更。

以前は硬質のプラ樹脂でした。今回もプラであることはかわりませんが、厚みがあり、やや、軟質の素材に変更されました。もちろん、激しい使いかたは想定外ですが、より耐久性が上がる方向への変更です。

2)スイッチ部の改善→上記とならび、中央部部のスイッチが単独で損傷、摩耗がおこることが多かったため、その対策として、構造を改良しました。

3)ネジ部分の変更

2017年末から、タッチスイッチを固定するためのネジとナットについては、日本のファースト・レイズ内において全数日本製の四角ナットとネジに変更し、出荷しておりました。今回、さらにすすめて、金型の変更とネジとボルトの種類を変更することとなりました。電池交換時がスムーズになります。

オートスライド・新型タッチスイッチ(内部)

オートスライドの新型タッチスイッチ(内部)

また、前回より変更となったバネの固定化、ボタン電池の交換方法は継続されており、日本での分解検査も継続していきます

ちなみに今回のタッチスイッチは以前販売していた初期型にも対応可能です。

ご不明点等ございましたらお気軽にお問合せください。

 

おすすめの記事