台車で通過する工場手動ドアを自動化(栃木県)

手動ドアを台車で通過する場合、一度台車をとめて、ドアに入る、通過後、背中でふたたびドアを閉める、というのは非常に面倒です。

毎日、数回、数十回とこれを繰り返していると大きなロスになります。

そこで、後付自動ドアを設置して、自動ドア化する方法をおすすめします。

今回は、お客様の希望で最初から国産のFAS07タイプを設置した例です。

こちらオートスライドでも問題なく引けたとは思いますが、日本製の光電センサーとの組み合わせを前提としており、また設置するドア枠が長年の使用でおお傾斜しており、最後に少し自重でもどってしまうことから、最後に押しつけ機能のついたFAS07のほうが最適ではありました。さまざまな後付自動ドアのなかから最適なものをご提案できるのも私たちの強みではあります。

関連記事

  1. 横幅が150㎝、重さ75kg越の大型ドアの自動化

  2. 店舗玄関 大型手動ドアの自動化例 FAS07

  3. お寺の玄関の手動ドアを自動化

  4. 戸袋のある手動ドアを自動化する

  5. 補助金を活用した家庭向け自動ドアの設置事例

  6. FAS07設置事例

カテゴリー

    過去記事のカテゴリー