施設内部の大型手動ドアを自動化(FAS07)

高齢者施設のAVルームのドアを 自動化するお手伝いをさせていただきましたので、ご報告させていただきます。
こちらの施設はまるでホテルのような内装で、館内にもさまざまな設備がございます。
そのひとつであるAVルームのドアが、非常に重く、不便とのこと。
自動ドアにできないかとご相談をいただきました。

実際に現場をみてみると、なるほど、たしかに、これは重いです。
遮音ドアで、厚みもあり、大人でも引くにはキツイ重さです。半自動のクローザーがついていたようですが、重量に耐えかねて半壊状態。ワイヤーものびきっておりました。
ご高齢のかたでは、一人で出入りするのは厳しく、あるいは挟まれてけがをされる可能性もございます。

ドアを実際に外すときにもたちあったのですが、大人二人では持てないほどの重さ。100㎏はあるかもしれませんね。用意いただいた台車がなければ、ドアを運びだすだけでも大変だったと思います。

工事そのものは、今回はやや特殊でした。

というのも、もともとの遮音ドアの構造が非常に特殊で、そのまま自動ドア化できないものだったため、新規にお客様がわでドアと戸当たりを作成し、これを装置から吊り下げて自動化することとしました。その意味では、ドアも新規になりますので、あとづけ自動ドアといえるのか・・いや、けっこうあるんです。ドアもつくってしまうことも(笑)

新規につくっていただいたドアは従来のものよりだいぶ軽く、非常に良いものでした。

施工ではまず、いままでついてあったドアやその上吊り装置一式を外すのですが、これが鉄骨にボルト締めしてあり、かつ経年劣化してなかなか外れない。ドア→上部ベースの順になんとか外し、つぎにあらたにつくったドアと戸当たり、ドア間口などのゆがみなどを確認しながら、吊りこみ作業。ここからはふつうの自動ドアをつけるのとなんらかわりません。

ドアを外したり、建物の状態を確認したりで午前中が終わってしまいましたが、あとはもうサクサクと進み、夕方にはこのとおり、しっかりと自動ドアになりました。

お気づきのように、FAS07というのは、あとづけで手動ドアを、自動ドア化するシステム、ノウハウそのものを売っていますので、かたちがあるようで、かたちがない製品です。お客様のドア、使用方法にあわせて一点ずつ、ベストな方法をご提案をいたします。

ドアの色にあわせ、アルミの外装は白に塗装してあります。また、AVルームということで、不意な開閉をふせぐため、タッチスイッチでしか動作しません。もちろん、安全に配慮して、補助光線として無目センサーをおいてあり、こちらはいつものようにリミットスイッチをかませて、開いたときだけ動作するようになっております。

お客様のほうでドア近くに新規に電源をご用意いただき、電源回りも非常にスッキリとしております。

自動ドアは必ず隙間、クリアランスが必要なため、遮音、防効果はやはり手動のときよりおとります。今回はその点もご理解いただいた上での施工となり、非常にスムーズに、美しく仕上がりました。

重い、スムーズに動かないドアは不便というだけでなく、積み重なれば、大きな効率のロスになりますし、場合によっては怪我を誘発するリスクになります。

そのロスとリスク回避のお手伝いさせていただけるのは、大きな喜びです。なにより、「よいものができたねえ」といってもらえるのが一番の励みになります

関連記事

  1. 大手居酒屋チェーン様に3台の後付け自動ドアを導入

  2. 戸袋のある手動ドアを自動化する

  3. 横幅が150㎝、重さ75kg越の大型ドアの自動化

  4. 整骨院の手動サッシを自動化

  5. 台車で通過する工場手動ドアを自動化(栃木県)

  6. FAS07設置事例

最近のページ