研究室をバリアフリー化

開き戸はスペースが小さいため、特に工場や施設の内部にはよく使われています。

ただ、車椅子をご利用される方には、どうしてもこれが大きな障害に。開く方向側からドアを開ける場合、一度、車いすごとずらし、そのあと身体をドアにすべりこませる必要があり、また背後でドアを閉めるのも大変です。

今回ご依頼があったのは、学校内のある研究室を完全なバリアフリーにしたいとのこと。ドアは特定の者にしか入室できないように常に施錠されており、また自動開閉し、通過後に必ず施錠させること、という条件をいただきました。

今回のご依頼者は施工店さまで、設置場所は青森県です。私の会社からは製品のみの販売となります。

私たちの開き戸後付け自動ドアの特徴として、一点ものでお客様のご要望に合わせ、なるべく工場で本体に各種装置を組み込んでしまうこと。今回もそうして、現場での設置をなるべく簡素化した製品を出荷させていただきました。

入室はドア横にあるテンキーリーダーを使用。テンキーで入室しない場合は、専用のタグ、カードでも入れます。また、20㍍の距離まで反応可能なキーホルダー型リモコンも付けさせていただきました。こちらは出力が非常に大きいタイプですので、当然技適通過製品です。

ドアが閉じると同時に電気錠がかかるシステムが組んであります。
ですので、車椅子のまま部屋を出て、背中で鍵をかけられます。

今回の設置は地元の工務店、電気工事免許のある方でしたので、非常にスムーズでした。通常、FA05だけでしたら、2時間で作業は終わりますが、今回は鍵設置、リーダー設置、暗証番号設定など、なんだかんだとかかったそうですが、それでも正味4時間程度の施工だったそうです。

非常に簡単に設置完了できたと、間に入っていただけた施工業者さまからご連絡いただきました。本当にありがとうございました。なにより、施設をご利用される方が、その便利さをお褒めいただけとのこと。なにより嬉しいお言葉でした。

青森県の大学の研究室に取り付けたFA05

青森県の大学の研究室に取り付けたFA05。バリアフリーを実現。

開き戸自動ドアFA05の鍵

FA05用の鍵設置。今回は地元の工務店の方に設置をお願いしました。

おすすめの記事