工場の生産効率アップに自動ドア化

今回は工場内の大型手動引き戸の後付け自動化です。

工場では台車でドアを通過することが多いと思います。

ただ、頻繁に通過するドアが手動だと、その都度の開け閉めで、移動効率、ちょっと大げさですが、生産性の悪化となります。

また、手動ドアは閉め忘れも問題。

作業環境や冷暖房効率の悪化につながります。

ご依頼いただいた工場は多摩地区にある大型のクリーニング工場。

内部は衛生のためにオゾン燻蒸されており、各作業室もしっかりと隔離されていますが、木造であり、いくつかの建屋をつないでいるため、各通路に手動のドアがあります。

とくに大型の台車を押して通過するドアは、手動のために非常に不便。

いや、不便なだけでなく、ドアに台車をぶつけたり、柱に台車をこすったり、かなりガタガタとなっておりました。

どんな手動ドアも、現場合わせで自動化できます

今回の自動化の場所は二か所です。

一ヵ所目は、ほぼ正方形で、むしろやや横幅が広い、一般的にはみられない特殊なドア。

当然、一般的な自動ドアは入らず、弊社へのご依頼となりました。

まず必要だったのが、既存のドアの修理。

木製で、けっこう年期が入っており、ドア枠などもガタガタでしたので、その補修からはじめました。

その後、ドア上部に本体を設置しますが、ドアそのものが180㎝ないので、吊り上げることは断念し、現在の吊り金具を利用して、金具で引く形としました。

FAS07事例

人を感知して開く人感センサーですが、非常に狭い空間であるため、ドアギリギリ手前までしぼり、かつ台車がふれるまえにしっかりと反応するように、何度も微妙な調整をくりかえしました。

FAS07事例

その場所にあった引き方、ドアの接続のノウハウがあります

FAS07事例

二か所目はもともと通路出口です。

写真が中途半端でわかりづらいですが、この開口部に梁を渡し、自動ドア本体をおき、そこにドアをつるします。

ドアは工場で使っていた既成のものをこのあと、吊り込みました。

FAS07は
1)新規にドアを作成する
2)既存のドアに金具をつけて引く
3)既存のドアを改造し、自動ドア装置に吊るす
という3つの方法でドアを自動化します。

どの方法が良いかはドア、開口部によって異なり、その場その場で現地調査後にご提案させていただいております。

弊社の場合、自動ドア装置を施工するために、あらたな枠や柱などは必要はありません。

既存の建築を利用し、重量計算をして、上記のように梁さえあれば、どこでも設置してしまいます。

工場の自動化、効率化をご検討のの際は、ぜひファースト・レイズにお声がけください。

インターロックやカードリーダー駆動による自動施錠なども問題ございません。

施工は東京、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城、静岡と愛知の一部です。現地調査は無料です。

 

FAS07の詳しい製品情報はこちら

 

個別の相談やお見積もりなどはこちら

 

おすすめの記事