お蕎麦屋さんの玄関のドアを自動化

お店などの玄関の自動化のご依頼をしばしば頂きます。
ご依頼の多くは、「ドアが重い」というもの。現場を見させていただくと、たしかに重いです。

お店の玄関用のドアには、堅牢さやが意匠性が求められることが多く、そのため非常に立派なアルミサッシや無垢の木製ドアなどが使用されることがあります。ただ施工されたばかりはまだしも、こういったドアは経年でレール等が劣化すると重くなってきます。
この場合、FAS07をご推奨させてもらっています。

今回の事例は、そうした、おそば屋さんの玄関ドアです。
非常に立派な、新品のドアでした。
店舗を新築されたのですが、設置してからドアを確認したところ、重すぎるという話になったようです。自動ドア化の見積もりもとったようですが、100万円近くするので、施工した住宅メーカーから私たちにご相談がありました・

実際に現地調査させていただくと、なるほど重いです。
店舗のオーナーさまのお話では、常連様のなかには足腰が弱い方もおられるとのこと。とくにご年配のかたは、手の指に力が入らなくなることもあり、このドアでは、ドアを開けるのも、閉じるのもきびしいかと。また、閉じるときにどうしても強く閉める必要があり、万一、ギリギリのタイミングでドアと戸当たりのあいだに指などをいれると、危険でもあります。

現調後、このタイプでは、ドアを吊ることは難しく、下レールを活かした自動化方向で即日見積もりをご提出させていただきました。

こちら、おいしくて評判のおそば屋さんでして、昼時は店外や店内にも順番待ちのお客様が多数おられます。そのため、人感センサーで不要にドアが開いてしまうのはさけたい。また、タッチスイッチもできればやめたいとのお話でした。電池交換がめんどうなのと、タッチスイッチはどうしても押し方などで故障があることをご存知でした。

今回は最新式の人感センサーを採用させていただきました。ドアとタッチプレートのくみあわせで、ドア前にたち、プレートに触れるか、触れないかで、まず自動ドアが開きます。開いたあとは、感知する広くなり、人がいれば開いたままにします。

オーナーさまからは、非常に好評で、大変ありがたく思っています。

じつは仕事と関係なく、二度ほどよらせていただいております(笑)
美味しいです。

おすすめの記事