既存の大型木製戸を使用し、雰囲気を残したまま自動ドアに改修|群馬【FAS07事例】

新型コロナウイルス対策には非接触が一番

FAS07はオーダーメイドのハイグレード後付け自動ドアです。

毎月、かなりの数のドアの自動化をおこなっていますが、そのなかで特に厳選して面白いものをご使用会させていただいております。

今回は、群馬県の地元では有名なおそば屋さん、館林の楠庵様。

いつものように自動ドア改修後の写真だけをのせると、最初からこういうドアだったのかな、とおもいますが、もともとはこんな手動のドアでした。

当然、手で引くタイプなので、接触感染のおそれがあります。

とはいえ、お客様の通過のたびに、取っ手を消毒は現実的ではありません。ここは自動ドア化の一択しかないということで、ご依頼を受けました。

また、写真には写っておりませんが、手動ドア時にはのれんがありました。自動ドア化にともない、のれんを移設していただきました。群馬の冬は、名物のからっ風がひどく、ここものれんを挟み込むほど激しいとのこと。のれんは自動ドアにとっては、誤作動をおこす厄介なものなので、これを機に入り口までの導線の変更をいただき、写真の外、むかって右にのれんを移設いただきました。これだけで、設置後の運用がぐっと楽になります。

ドアが壊れていたら自動ドアとしてもNG

こちらのドアはもともとのドアの戸車が故障しておりました。故障の原因は砂ぼこりで、これが車につまり、CRCなどの油をふいたため、固着してしまって、まったく回らない状態になっていました。扉を外し、車をとり、泥をすべてとりのぞいてからの作業となりました。

また、こちらは枠のチリが大きく、そのままとりつけられないことと、下地金具が必要でした。現地調査にもとづいて、以下のようにコの字型アルミ材二個を組み合わせて下地をつくります。かっこよくみせるためにちゃんと蓋もつくりましたよ。

 

手かざしセンサー+補助光線

あとはいつものように自動ドアエンジンを設置し、全体に調整をします。後付けはここが一番の肝で、今回も一番苦労したようです。

センサーは最近、ほとんどこれしかやっていないというほど、よく使用しているおぷてっくす作業所のため、入室時に荷物をもってドアに入ることが多く、当然、入退室時には一度荷物をおく、台車から手を離す、あるいは誰かにあけていただく、という事が必要でした。

今回、自動ドアによってそれが解消され、作業効率が大きくあがりました。

 

感染症対策用の補助金を活用

一般的に自動ドアを設置するためには、一度、既存のドアをすべて外し、あらたにドア、ドア枠一式つくって、自動ドアにするかたちとなります。また、その際、ドアだけでなく内装工事も必要個となり、トータルとして100~150万円かかることも珍しくありません。

今回は結果として、かなり安く施工でき、同じ効果をあげることができました。また、もともとお店の顔として長年つかっていたドアですので、これを再利用できたこともよかったと思います。費用をおさえるため、別途の電源工事はせず、近くにあった家庭用AC100Vコンセントまでモールで配線ですませました。

 

 

FAS07の詳しい製品情報はこちら

 

個別の相談やお見積もりなどはこちら

 

店舗のドアを後付けで自動ドアにしたほかの事例

おすすめの記事