老舗和風ホテル玄関を自動ドア化

冬場になり、新型コロナウイルスの感染者数が増加しております。これに伴い、弊社への自動ドア化のお問合せも増えておりますが、そのなかで、特徴的な案件をいくつかピックアップしてご紹介させていただきます。

今回の事例は静岡県熱海にある旅館さまの玄関です。純和風のつくりで、両引きのドアとなっております。ドアの重量はさほどでもなく、お掃除が行き届いており、滑りもスムースですが、やはり新型新型コロナウイルス過であり、接触をいやがるお客様もおられるようです。また、そもそもやはり荷物をもって出入りすることの多いため、自動ドア化したほうが便利ですよね。

DSC_0220.JPG

 

いつもなら室内側に設置するのですが、今回は見ての通り、ドアそのものが外側にあること、このドアをなるべく再利用すること、外側に大きな屋根がついていることもあり、室外設置とさせていただきました。

自動ドアが1/5のコストで導入できました

今回、現状の建物のつくり、らんまの位置、ドアと諸処、問題があったため、壁ごと壊して、あらたに普通のドアも新調して自動ドア化したらどうかな、という試算しましたが、どう考えても300万円はするぞ、という結果に。もはや大改装レベルです。開き戸で非常に間口が大きいのと、すべて木造なのがかなりネック。

ですが、この方法であれば、簡単、税込でも60万円前後で自動化できました。

まずはドアを調整したうえで、その上部にドア間口寸法にきりだしたアルミベースを無目にビス止めしていきます。

 

それから装置をくみこんでいく。反対側にはもちろん手かざし&安全装置のセンサー込み。

金具をつけて、スムースにひけるか、問題ないかなんどかテスト(これが大事)

DSC_0218.JPG

DSC_0220.JPG

 

バッチリです!

かいへいは手をかざして開くセンサーです。近づかないと無駄には開きません。ここは海に近く、風も多く、砂も舞うとのこと。センサー調整はいつものように入念におこないました。

施工は東京、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城、静岡と愛知の一部です。現地調査は無料です。

 

FAS07の詳しい製品情報はこちら

 

個別の相談やお見積もりなどはこちら

 

おすすめの記事