オートスライドの施工に必要な工具

誰でも簡単に手動ドアが自動ドアに

オートスライドのコンセプトは、DIY(Do I t Yourself)、(自分で設置できる自動ドアです。
海外、とくに欧米では、家一軒、DIYで建ててしまうかたがおられ、女性でも壁紙のはりかえやドアのリフォームぐらいはおこなってしまいます。オートスライドもその延長線にある製品として開発されました。

とはいえ、日本ではDIYはそれほど盛んではなく、家にいろいろな工具があるかたといえば、そうではないと思います。

オートスライドの設置に必要な工具

1.電動ドライバー

木製のドアの場合はドリルドライバーがよいですが、アルミサッシの場合はインパクトドライバーが必要です。また、ホームセンターなどで、さまざまな工具とセット販売されているような、小型の電動ドライバーではトルク(力)不足の場合もございます。

2.ドライバーピット

プラスドライバと、3㎜以下のドリルドライバ。
アルミサッシの場合は下穴用のドリルドライバーが必要です。ビスは本体に付属していますが、お客様でご準備ください。

3.金ノコ

オートスライドのレールは、1000㎜が標準です。海外ではドア規格が統一されていますが、日本のドアの場合、ドア幅がさまざまです。多くは750㎜~950㎜くらいまでのことが多いので、レールを切断する必要がございます。

レールはアルミの上にコーテイングされております。楯に溝がありますので、その溝にあわせて金ノコギリで切断します。
ある程度いれて、力をいれると、ポキッときれいに折れます。金ノコギリはホームセンター等で購入できます

4.一番ドライバーおよび先の細いマイナスドライバー

オートスライドのカバーをはずすときに便利です。また、先の細いドライバーは本体の設定スイッチ(ディップスイッチ)の操作や、人感センサーの感度調整に使います。先の細いマイナスどらライバーはオマケとして本体にも同梱されています。

工具の扱いには十分にご注意ください

日本版オートスライドはモータの位置を組み変えることで、4種類の引き方ができるようになっております。この組み換え作業には六角レンチが必要ですが、こちらは本体に同梱されております。施工に必要なビス類も一応すべて入っていますが、こちらは汎用的なもので、もともとは樹脂サッシ向けです。オマケ程度と考えてください。

不安であれば、プロに相談

上記工具をもっていない。不安だ、というかたは、お近くの工務店さま、建具店さま、大工さん、電気工事屋さん、内装屋さんなどにご相談ください。一般のご家庭や店舗オーナーさまの多くのはそれらのプロのかたを通して、オートスライドを導入しております。

これらの電動工具をもっていない。持っているけど、自身がないというかたは、迷わず工務店さまにお願いしてくださいね。工務店さまからお電話をいただいてもかまいませんし、ご購入希望者からの直接のお電話でもかまいません。

最後に、オートスライドのセンサーですが、すべてコード一本で接続され、電源は不要です。電源はオートスライド本体から給電されるためです。このコネクター式の純正センサーをもっている自動ドアシステムは、国内ではオートスライドが唯一であり、初だと思います。当然、接続するだけですので、電気工事等は不要です。ちなみに各センサーは12Vで動いております。

関連記事

  1. 工場内の手動ドアを自動化(群馬県)

  2. 鍵内蔵型後付け自動ドアを発売

  3. オートスライドの施工マニュアルが更新されました。

  4. 10万円台から導入できる自動ドア オートスライド

  5. 食品工場のドアを後付けで自動ドアに|衛生改善|効率改善|千葉

  6. 簡単自動ドアオートスライドを展示中です

最近のページ