オートスライド人感センサー

家庭用自動ドアならタッチスイッチだけで

オートスライドは手動ドアを自動ドア化できる大変便利な製品です。

基本セットにはタッチスイッチが二個同梱されており、購入したその日から使用可能。

家庭用であれば、タッチスイッチのみで十分ですが、店舗や、事務所など、複数の人が連続して入るときは、タッチスイッチのみでの運用ですと、後ろの人が挟まれてしまう可能性がございます。

通過中にはさまれても安全装置が働きます

オートスライドにはドアが物に接触すると、感知し、逆転、停止する機能が標準で付いており、基本的には怪我をすることはございません。

むしろ、ドアが突然閉まってくるときに、人が手でドアをとめてしまうことで、オートスライドが正常な動作をしなくなることがございます。

オートスライドはお客様のドアを、何センチ、どれくらいの速さ、強さでスライドさせればよいのか、学習しています。

それを途中でむりやり止めてしまうと、
「??? あれ、どこまでいけばいいんだろう」

と自分の位置がわからくなってしまうのです。(こんな言葉をだすわけではないのですが 笑)

こうなったときは、初期化(電源をいれたままディップスイッチ1を往復)させることで、もとに戻りますが、オートスライドのカバーを外す必要があり、ちょっと面倒だと思います。

店舗、工場では人感センサーとの併用をおススメ

人感センサーはその名の通り、ドアのそばに人や物がいると反応して、開くセンサーです。

ドアに人がいれば、とにかく開いたままになるため、けっして挟まれません。

もちろんタッチスイッチと併用可能で、実際、店舗、工場などでご使用されている方の90%は人感センサーもご使用いただいております。

人感センサーはドアの入る側と出る側の両方に付けるのが好ましいのですが、無理であれば、一方だけでもかまいません。

接続はコード1本で、電源はオートスライド本体から給電されます。設定も簡単で、感知する角度を決め、感度ネジをまわして、感度を決定します。

オートスライド超音波センサー 範囲

オートスライドの人感センサーは最新の超音波式です。

これは、超音波を照射して、近づいてくる物体との距離を感知し、動く物体を判別します。

従来の光による赤外線式と異なって、四季による日光量の差や、床材、服装、湿気などによる微妙な乱反射にも強く、誤作動が少ないのが特徴です。

また、こちらの製品は完全密閉型の防水式となっており、風雨にも強い仕様となっております。

このほか、より感知範囲を狭められる赤外線式のタイプもございます。お問い合わせください。

ご不明点ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
おすすめの記事