戸袋のある手動ドアを自動化FAS07

旅館の戸袋のある木製ドアを後付けで自動化

工事のポイント
  • 老舗和風旅館さんの室内の木製ドアの自動化
  • ベルトと金具で引く戸袋式のドアで内部が狭く、簡易式の後付け自動ドア装置が取り付けられないドア
  • 無線式のフットスイッチでドアを開閉するように設定

戸袋のある手動ドアの自動化例です。

こちらは神奈川県にある老舗和風旅館さんの室内の木製ドアの自動化例です。

配膳やお客様へのサービス向上のため、自動化したいとのご相談を受け、現地調査後、自動ドア化させていただきました。

戸袋のある手動ドアを自動化FAS07

戸袋のある手動ドアをFAS07を使って自動化

 

当初は、簡易タイプの後付け自動ドア製品・オートスライドで自動化を検討していましたが、現場確認すると、戸袋式であり、柱が邪魔をしてどうしてもオートスライドのレールが付かないことが分かりました。

簡易タイプでは設置が難しいため、ハイグレードタイプのFAS07を使って後付け自動ドアを施工しました。

FAS07は一枚一枚ドアの特徴に合わせて施工します。今回のドアはベルト&金具で引くタイプの戸袋式のドアで、内部が狭い場合、FAS07がおすすめです。

無線式のフットスイッチと連動させ、足でふむだけでドアがあくようにカスタムしました。

FAS07の無線式のフットスイッチ

無線式のフットスイッチを取り付けたところ。足で踏むだけで簡単にドアの開閉が実現します。

ハイグレードタイプの後付け自動ドア・FAS07はさまざまなドアに対応できるオーダーメイド製品です。

新規で自動ドアを導入するよりはるかに安く自動ドアを導入できます。

お見積もり・現地調査は無料です。お気軽にお問い合わせください。
 

FAS07の詳しい製品情報はこちら

 

個別の相談やお見積もりなどはこちら

 

おすすめの記事