大型の手動引き戸を、自動化する

最近、横幅の大きい引き戸をよくみかけます。
ドア幅があると、デザイン的に見栄えがし、採光もよく、たしかにスタイリッシュです。
ただ、それがあまりに大きいと、やはり引き戸そのものが重くなり、手動ドアとしては厳しいものがあございます。

今回、ご紹介させていただくのは、そんなドアです。

こちらのドア、はじめの設計上はそこまで重量はなかったようですが、さすがに横幅が150㎝もあると、自重と振動でガラスが波打ちます。目の前がかなり往来の激しい道路であり、万一を考え、ガラスの厚みを変更されたら・・・重くて引けない、ということに。

今回は新築の物件であり、ドアは新品でした。
当初、自動ドアメーカにざっくり相談したところ、この新品ドアを撤去して、あらたに内蔵型の自動ドアフロントをご提案されたとのこと。価格も100万はこえるということで、弊社にご連絡いただいたようです。

さっそく現地調査でドアをひいてみました。
うーん、重い!
ですが、
新品で、ガラスも厚く、とっても良いドアです。建物等のゆがみもなく、引きはじめだけ重くはありますが、滑りも非常にスムースです。
「このドアをそのまま使って自動ドアにしましょう」
と即答させていただきました。

既存の引き戸をそのまま、自動ドアに吊り下げる

今回、下にレールがあり、めしあわせの鍵の関係もあったため、下戸車はそのまま使うこととしました。ただ、この重量では、すぐに下戸車がおかしくなってしまいます。ですので、上部から均等にベルトに吊りさげることで、負荷を小さくすることに。接続のための金具は、このドアにあわせてすべて特注で、新造です。

もともとのドアを外し、改造をし、それを自動ドア装置に接続し、各種センサーを調整で、7時間ほどでしょうか、工事は事に施工完了。ちなみにセンサーはタッチと人感の二段構えで、当然安全装置もバッチリきいています。
施工中、その重さから苦戦するところもあましたが、非常に良いできあがりと、お客様には大変満足していただけました。

価格は?

「まったく同じ動き、見た目で、価格は自動ドアメーカの半分だね」と施主様
おっしゃるとおり、
あとづけ自動ドアシステムのFAS07の本体は自動ドア装置そのものです。むしろ、通常の自動ドアでは必要としないようなケース、特注金具、補強材などの費用が発生するため、そこだけくらべれば割高です。ただ、やはり新規にドアやドア枠を必要としないのは大きく、トータルでは、一般的な自動ドアよりかなり割安になると思います(もちろん、ドアによりますが)

FAS07は関東、九州の一部で施工販売

施工はお客様のもとにご訪問し、ドアの状態をみることからはじまります。建物の構造はどうか、ドアはゆがんでないか、モータはどれくらいのパワーのものにすべきか、どんな改修、補強をすればうまく動くのか、その見極めと、ノウハウがこの製品(システム)の根幹の部分となります。今後は、全国での販売も視野にいれてますので、まずはお問合せください。

 

おすすめの記事