50キロ以上の重い店舗のドアを後付けで自動ドアに|東京【FAS07事例】

後付け自動ドアFAS07

工事のポイント

  • 新築の店舗の玄関のドアを後付けで自動ドア化
  • 50キロ以上ある厚いガラス戸を自動ドアに
  • 既存の戸車を活かして施工したもののドアが重いためレールを保護するように工夫
  • 無目センサーを取り付け、人の挟み込みを検知
  • 施工費用は新規の自動ドア導入に比べて半額以下で収まった

重いドアの自動ドア化を後づけで実現する

FAS07は後付けのオーダーメイドタイプの後付け自動ドア製品です。

東京都にて新築の店舗の玄関をFAS07を使って自動ドアに改修いたしました。

こちらの店舗は新築で、新規に玄関ドアを入れたばかりです。

こちらのドアは、高さが2,245㎜、横幅が1,245㎜あり、車道に面しているため、振動を想定して、ガラスも厚い仕様となっております。

当然、重いです。

大人の男性でも苦戦するほどの滑り出し、確実にドア重量は50㎏以上はあります。

これほど大きいドアだと、ふつうは取っ手が付くのですが、それもないため、指がかからず力が入りません。

ただ、そもそも取っ手が付いていても、これだけ重いとお子さんや高齢の方では引けるのか微妙ですよね。

また、こちら、下レールのドアのため、この重さだと、確実に重さのために戸車が早く劣化します。

今はまだ軽いですが、いずれさらに重くなると思います。

オーナーさまのお話によると、当初は手動のままでの店舗オープンを考えたそうですが、それではお店のドアとしてはあまりに不便で、お客様に迷惑かがかるとのことで、私たちに声がかかりました。

現地調査しましたが、すでに内装もできあがっており、大きな工事が難しく、戸車を活かして施工することをご提案いたしました。

FAS07を使った後付け自動ドア化

FAS07は製品というより、後づけ自動ドア化の方法、システム化の名前、といった方が正しいかもしれません。

基本形は一般的な自動ドア用のモーターで、手動のドアを引くのですが、その引き方はバラバラ、お客様のドアに合わせます。

今回は、ドア上部から金具でドアと連結する仕様に。

また、下レールが今回、ドアの生命線のため、施主様、この店舗を建築なされた工務店さまに、レールを保護するためのご提案をいくつかさせていただきました。

工事そのものは、かなり簡単で5~6時間程度で終了です。

センサーはタッチスイッチでしか動かず、無目センサーはありますが、こちらは安全装置として、ドアが動いているときにのみ動作し、人の挟み込みを感知します。

取り付け中のFAS07
取り付け中のFAS07
FAS07のセンサー
FAS07のセンサー
FAS07のタッチスイッチ
新しく取り付けたタッチスイッチ
後付け自動ドアFAS07
取り付けたばかりのFAS07。重量は50kg以上で、かなり重いドアです。

重いドアを毎日使うリスク

ドアの不便は一瞬なので、忘れがちですが、ただ毎日、何回も使うとなれば、やはりそれは大きなロスとなります。

お店であれば、玄関ドアはお店の顔であり、やはりお客様に気持ちよく入ってきていただきたいですよね。

今回はお客様第一に、ということで施主様からご依頼を受けましたが、これだけ重いドアですと、ご利用されるお店側、施主様も不便であったと思います。

おそらく、常に開けっ放しになってしまうと思いますし、台車なども使用されるとのことですので、効率も悪かったと思います。

そう考えると、我慢しても、マイナスが蓄積され、よいことはひとつもなかったかと。

また、なにより事故が怖いです。

手動ドアの場合、背中越しに、よく見ずにドアを閉めます。

それが特に重いと、やはり勢いつけてドアを閉めるので、とっさに閉めかけのドアに手を入れるなどすると、大きな怪我の原因となります。

今回、新たに一般的な内蔵式の自動ドアを設置したら、ドア面積からいっても、また開口部の工事からいっても100万円では収まらなかったと思います。

なにより、一度も使っていない新品のドアを捨てて、新たに自動ドアにするのは抵抗がありますよね。

手動のドアを活かし、かつ半額以下で施工できたのは、よかったかな、と思います。

お客様に満足いただいたのが嬉しかったです。


FAS07の詳しい製品情報はこちらから



個別のご相談、お見積もりなどは無料です。お気軽にお問い合わせください。


株式会社ファースト・レイズCEO

この記事を書いた人

株式会社ファースト・レイズCEO・八木幹夫。日本電産サーボ株式会社にて自動ドアなどの産業機器向けモーターの技術営業を5年経験した後、株式会社ファースト・レイズを設立。後付けに特化した自動ドアの開発・施工販売をしています。難しいドアにどうやったら自動ドア装置を取り付けられるか考えることがやりがいです。趣味はドライブ、アウトドア、読書、車いじり。

重いドアを後付けで設置したそのほかの事例