自動ドアのお見積り価格

「自動ドアを導入しようと思っていたのに、見積りが高すぎる」

というご相談をよくいただきます。弊社は後付け自動ドアの会社ですが、一般的な自動ドアも施工し、自動ドア用のフロント(ドア枠)、ドアも扱います。

よくみなさんがおっしゃるのが、見積もりが100万円ちかくておどろいた、というお話。ただ、これは別に業者さんがもうけようとしているわけではないと思います。

一般的に自動ドアは1)自動ドア装置、2)ドア、3)センサーを一式セットとして販売しており、これを自動ドア装置、といいます。

センサーはたいてい同じようなものなので、大きな価格差はないですが、自動ドア装置は、ドアが一枚か、二枚か、ドア幅によって多少かわります。

ただ、一番価格に影響があるのは、ドアとドア枠です。

自動ドアのドア枠はアルミ製とステンレス製があり、ステンレス製は腐食などに強く、マンションや病院、オフィスビルの入り口などで使用されることが多いです。価格はステンレス製のほうが圧倒的に高く、アルミ製で作る場合の二倍近くします。

また、自動ドアは一枚のものと、中央から二枚のドアが左右に引かれる両引きというタイプ、またバリアフリー用途でみられる複数のドアが重なる連戸というタイプにわかれます。いずれにしろ、ドア枚数が多いほど高くなり、左右引きでステンレス製のドアであれば、100万どころか、200万近いお見積りとなることもおかしくありません。

また、この自動ドア専用のドアの価格には、ガラス、また自動ドア装置を内蔵するための専用のドア枠(自動ドアフロント)もふくまれます。

ドアを新たに必要としない後付け自動ドア

いっぽう、私たち、ファースト・レイズの販売する後付け自動ドアは、お客様がいまご使用されている手動のドアを使って自動ドアにします。ただ、自動ドア装置そのもの、施工については、一般的な自動ドアにはない作業、調整もあり、それらについては、むしろ通常の自動ドアより割高かもしれません。ドア、ドア枠がない分だけが、安いとお考えください。

ファーストレイズでは主に引き戸に二種類、開き戸一種類の後付け自動ドアをご提供させていただいております。

もっとも人気があり、販売数が多いのはオートスライドですが、最近、少しずつ販売数がふえているのが、FAS07というフルオーダータイプのハイグレード製品です。

ほとんどの引き戸はオートスライドで対応可能ですが、
1)両引きドアを完全シンクロ化して自動化
2)ドア重量が45㎏以上か幅が1500㎜を越える大型ドアを自動化
3)自動化装置を露出させず、内装に調和させたい

場合は、FAS07がむいていると思います。

オートスライドは製品を弊社から直接通販で卸販売しております。ですので、基本的には材料費も無料のため、価格は人感センサー二個、タッチスイッチ二個ついても、10万円台からと非常にコストパフォーマンスが高いです。

FAS07はドア幅、ドア重量によっても異なりますが、35万円程度から、二枚両引きで、大型のものでも55万円もあれば自動化可能です。また、FAS07はドアごとにあわせてカバーを一点物で新造し、そのカバー色も変更可能です。

開き戸の自動ドアFA05に関しては、お客様で施工可能なキットの形となっていますが、オートスライドやFAS07のようにもとのドアの状態をコンピューターが判断して、ドア重量を読み込む機能が自動ではありません。その点だけ、少し施工はむずかしいですが、お客様のドアの情報をいただければ、あらかじめ設定してから出荷することも可能です。また、この製品はトイレや、研究室など特別なシチュエーションでご使用いただくことが多く、基本的にはお客様オーダーによるフルカスタムとなっており、価格はもっとも基本的なもので施工なしで25万円程度からです。

自動ドア 価格表

参考までにドア一枚での自動ドア価格をくらべてみました。いずれも税別です。

 

 

 

 

 

おすすめの記事