手動ドアを自動化する場合の問題点

一般的に日本国内における自動ドアは、自動ドア装置と専用ドア、枠のセットからなり、「自動ドアシステム」と呼ばれます。

日本にはJIS規格という、工業製品の規格がありますが、ここには自動ドアの規格もあり、これも「自動ドアセット」として規格化されています。

これは日本に限ったはなしではありません。

私は以前、自動ドア用のモータを製造、販売する会社におりました。そのころ、日本市場が飽和状態であったため、台湾、中国むけの自動ドア用モータについてセールスのプロジェクトがもちあがりました。

驚いたのは、どの国も、自動ドア用のモータや回路はほぼ同じです。中国や台湾は日本のナブテスコドイツのドルマ社の自動ドアを参考にして開発をはじめたとようなので、似通ってくるのもわかります。

また、自動ドア設置時に、新規でドアとドア枠を設置するのも日本と同じ、世界共通でした。

自動ドアシステムにおいて、規格化された新しいドアを使う理由は、このサイトのあちこちでも説明していますが、トラブルがないからです。

手動ドアは、規格化されておらず、それこそ無数のサイズ、タイプがあります。また、使用環境、使用者によってドアの状態もかわってきます。つまり、ひとつとして同じものがありません。

これらに自動ドアが対応することは、できないとは言わずとも、面倒で、難しいことはたしかです。また、ビジネスの観点からは、ドアとセットのほうが単価があがりますし、販売後のフォローも少ないですから、手離れもよいいです。自動ドアメーカや職人さんが、「手動ドアの自動化はいやだ」というのはわかる話です。

ただ、お客様からすると、そうではないです。

自動ドアはあたりまえのものとなりつつあります。より身近に、家庭や、工場、施設の手動のドアを自動ドアにできないか、と考えるのもまた、当然で、とくに日本では高齢化や人手不足による省人化、また衛生管理の問題などから、自動ドアへの注目が高まっており、手動ドアを自動ドアにするニーズはふえてきております。

後付け自動ドアの3つの方式

手動ドアを自動ドアにするのは難しいことはわかりました。

でも、じっさい、世の中には後付けで手動ドアを自動ドアにする製品はいくつかあります。

それらは、大別すると、3つの方法からなります。

1)マニュアル対応
手動ドアを自動化するときに、問題となるのはドアの幅や重さをどう読み込ませるか、です。ドアがゆがんていたり、途中でひっかかったりするからです。
これに対応するため、ドアにあわせて、ドアの幅、重さ、感度などを一点ずつ、マニュアル設定させる方法。自動設定だと一律に設定してしまうため、ドアがしっかりと作られていないと設定ができない場合がありますが、この方法であれば、ドアの幅、引く力などを個別で設定し、また閉める際の慣性による滑りも、人の手で設定しますので、かたちになります。設定調整は大変で、あるていど、慣れも必要です。日本製のあとづけ自動ドアで採用されています。

2)フルカスタム

千のドアがあれば、千の対応をしてしまう、いわゆるフルカスタムです。弊社のFAS07がこれにあたります。ドアにあわせて、自動ドアの引き方式をかえ、場合によっては補強工事や、戸車を特殊ベアリングにかえたりします。センサー類も現場ごとにちがった提案をします。製品も、後付け化を前提とした設計となっており、電源入り切りのたびに、最新情報を自動ドアに読み込ませます。多数の現場をこなし、ノウハウがあればできないことではないですが、技術とモータやセンサーについての経験、知見が必要です。施工は専門の職人が行う必要がありますし、最初にどの方式でやるかを見極めることがとても大切です。

3) 難しいことはせず、ものごとをシンプルに、単純化する

この、3つめがオートスライドの方式。いえいえ、ふざけているわけではないですよ(笑)。

難しい問題の解決方法が難しくある必要はない

オートスライドは2008年、豪州のオートスライド社の社長、マーク・ハンコックが開発しました。この製品で北米および日本で特許もとっております。

繰り返して述べていますが、後付けで手動ドアを自動化する難しさは、一元化できない、千差万別のドアをどうやって、ひとつひとつ対応していくかにあります。

オートスライドを設計したマークはこう考えました。

「後付け自動ドアは自動ドアではない」

つまり、自動ドアと同じモータ、同じ制御方式で自動化する必要はない。

そして、ここが大切。

「とにかくドアが動き続けるように設計する」

オートスライドは初めて電源を投入すると、自動でドアの幅と、引きはじめの重さをはかります。そして、以後、この設定値どおりにモータを動かしつづけます。

例外はこの値以外の数値がでたとき。オートスライドはモータ、つまりドアを停止、反転させます。

オートスライドの設計思想は、「後付け自動ドアにおける問題はすべて手動ドアに問題がある」、というもの。つまり、手動ドアに自動ドアをあわせこむ、という上二つとは真逆で、オートスライドでしっかり動くように、手動ドアをオートスライド側によせるかたちで調整する、という考えかたです。

オートスライドはギアとラックでドアを動かします。そして、このギアとラックがしっかりくみあており、ドアを引いている最中、引きはじめより大きな力=ひっかかりがなければ、何百、何千、何万でもドアを動かしつづけます。

そして、うまく動かないときは、動くようにドアを調整してください、という方法をとります。

これは比重にシンプルで、それだけにわかりやすく、実際、1500台近くのオートスライドを販売してきたなかで、問題が報告された事例はすべてドアを課題することでクリアしました。

たとえば建物がゆがんでいおり、ドアのしめる力が一定でないドアは、あえてラックをななめにとりつけ、一番最初に大きな力がかかるように調整しました

手動ドアが自動ドアとして動けば、「そのドアが正しい」、動かなければ「ドアが間違っている」というふうに、問題を明確化させて対処するのが、オートスライドです。

シンプルにすることは複雑であることより難しい、というスティーブ・ジョブズの言葉をおもいだします。

オートスライドの初期型の映像をみたことがあります。初めはもっと別の形をしていました。ベルトドライブ使い、もっと複雑な機構をもっていました。

オートスライドと本社と頻繁に技術的なやりとりをします。そこでふれるオートスライドの設計思想は、とにかくシンプルに、シンプルにです。日本版オートスライドもこの点を継いで、たとえば日本オリジナルのセンサーを開発した際も、コード1本で接続し、設定が不要など、とにかくシンプルさにこだわりました。

とかく新たな製品をつくるときは機能を盛り込み、それを売りにしようとしますが、大事なのは、目的です。自動ドアが動く、毎日、誤動作なく、壊れずにずっと動く。オートスライドはその目的のために、あえて機能、構造をシンプルにしています。難しい問題への回答が難しくある必要がない、という、とてもわかりやすい例です。

もちろん、私たちの販売するFAS07のように、技術、ソリューションの提供を売るような製品、システムもありです。これもある意味では、難しい問題を、あるていど分類、バリエーション化してシンプルに対応する方法ですが、オートスライドはその極みです。当然、すべてのドアに対応するわけではないですが、それでよい、と割り切ったのがこのシステムの良さです。

ちなみに私はオートスライドを百台以上テストし、自宅や工場のあらゆるドアにつけました。襖や障子にさえつけましたし、戸棚のドア、間仕切りドアもためしています。また、お客様の例では、移動可能な喫煙ブースの入り口に設置いただいたり、展示会での自社ブース入り口のドア、看板、芸術作品(絵を入れ替える)などでも使用いただいています。こちらで想定されていない用途にも使われているのが、すごいですよね。

 

 

おすすめの記事