高齢者施設トイレの開き戸を自動ドア化

トイレの開き戸ドアを後付けで自動ドア化

FA05は弊社の製品で唯一開き戸を開き戸のまま後付け自動ドアにできる製品です。

今回は、FA05を使って、埼玉県の高齢者施設の開き戸を後付け自動ドア化した実例をご紹介いたします。

施設をご利用される方のなかに車いすでご利用される方があり、そのために急ぎ、開き戸を自動化するということで、私たちにご相談がきました。

開き戸を自動化した場合、まずドアが開く側が問題となります。

今回は内側に開くため、そこは問題とはならず、また車椅子ユーザーさまが使いやすい導線を意識して、無線タッチスイッチをかなり低い位置につけています。

実例のドアはもっともシンプルに自動ドア化させていただきました。

開閉は無線式のタッチスイッチを使っており、施工も2時間程度。費用も20万円台です。

鍵はもともとついているものをご使用いただき、入室後、ご自分で鍵をかけていただきます。

トレイ使用時は室外に入室が分かるようになっています。

非常にシンプルですが、それだけにコスト的にも、運用的にもしやすいようです。

高齢者施設トイレの開き戸。 FA05を取り付けて自動ドアに。

高齢者施設トイレの開き戸。 FA05を取り付けて自動ドアに。

重い開き戸を自動ドアにするには開き戸にして自動ドアにした方が安全

なお、重量のある開き戸を開き戸のまま自動ドア化することはおすすめしません。

その理由は、開き戸をそのまま自動ドア化すると、突然開いてぶつかったり、指を挟んだりする危険があるためです。

構造上、開き戸の自動ドアは安全装置の作動に若干の時間がかかるため、安全性の担保が十分ではありません。

重量のある開き戸の場合は、引き戸にしたうえで自動ドア化することをご検討ください。

その場合、弊社のFAS07という製品が最適です。

 

FA05の詳しい製品情報はこちら

 

個別の相談やお見積もりなどはこちら

 

開き戸を後付けで自動ドアにしたそのほかの事例

おすすめの記事