取り付ける前に~ドアの確認と施工タイプ

オートスライドはどなたでも、簡単に設置できる自動ドアです。
工務店、電気屋さんはもちろん、工場や施設を管理されている方がご自身で設置されているほか、DIYに慣れたか一般のかたでも施工しております。

オートスライドはラック&ピニオンというシステムで構成されており、国際特許をとっております。

仕組みはシンプル。

歯車(ピニオン)に歯がついているレール(ラック)の噛みあわせで、ドアを動かします。オートスライドの場合、歯車は本体についており、ドア上部に、レールはドアに設置します。このとき、歯車(ピニオン)とレール(ラック)をきつく、しっかりとかみ合わせること。それがとても大切なポイントです。

オートスライドはモータをとおして、ドアの状態をモニターしています。手動ドアに設置することを前提としているため、ドアにある程度がたつきがあったり、レールがゆがんでいてるなど、「ドアごとのくせ」も学習します。ただ、このときも、ドアにつけたレールと歯車がしっかりかみあっていないと、この「ドアごとのくせ」の情報をしっかりとらえられません。ですので、しっかり、均等に、空転しないように歯車とレールを設置することが、オートスライドのすべてです。


オートスライドを設置する

1.設置タイプを決める

4つの設置方式から、1つをえらび、オートスライドを設置します。

1と3が一般的ですが、ドアに枠があったり、ポケットドア(袋戸)の場合は2と3のタイプで引くことができます。

2と4のタイプはモータのくみかえが必要です。組み換え時はモータを本体ベースをとめる際、ゆるみのないように固定してださい。ネジロックや瞬間接着剤などで緩み防止処置をするとよりよいと思います。

オートスライドを施工する(30分)

オートスライドの設置は本体、レールどちらが先でも問題ありません。歯車とラックがしっかりとかみ合うことが大切だからです。

ただ、1)ドア上枠(鴨居)に本体を設置し、2)レールをドアに設置するほうが、本体の位置が決まるため、比較的設置しやすいと思います。

本体をドア上枠に設置

ビス二点でとめるだけです。付属のビスは汎用的なものですので、ドア材質によってお客様でご準備してください。

ドアに上枠がない場合は、Lアングルをもちいてください。Lアングルは製品に同梱されております。

ドア上枠が狭い場合は、Lアングルや角材などで下記を参考に設置してください。

 

2.ドア幅にレールを切り、ドアにビスどめ

レールをドア幅にあわせて糸のこで切断します。標準で100㎝。それ以上は延長レールをご使用ください。レールはアルミ材と樹脂でできておりますが、縦方向に簡単に切れるようになっております。

レールを本体の歯車の下に、しっかりと押し付けて、位置を確認し、水平にドアへレールをビスどめします。
このとき、横から見て、レールの上に歯車が最低でも1/3は乗ることを確認してください。構造上、歯車はすべてレールの上には乗りません。

このとき、キツめにオートスライド本体の歯車とレールをかみあわせてください。オートスライド施工の最重要点です。

ビスどめ後、手動で動かし、設置前より、ドアが重く感じられば正常です。

このとき、切断した側の先端にエンドキャップをはめるか、新たに穴開け加工したのち、必ず先端をビス止めしてください。ここがとまっていないと、レールが動くため、のちの自動設定が完了しません。

施工後は、レールと歯車がかみあうため、施工前よりドアは必ず重くなります。ほとんど変化がない場合は、ギアとレールのかみ合いが甘い可能性があります。ギアとレールがかみあいが甘いと、のちの自動設定中や設定後、空転音(ガリガリと音がします)がし、最悪、ドアがとまらなくなります。

自動設定でドア幅を読み込ませる (1分程度)

あらかじめてタイプに適した方向にディップスイッチ1を入れます。ディップスイッチとは、コントローラー下部の細かい歯のようなスイッチの1番です。

オートスライドはドアがこれ以上進まない場所=戸当たりを、ドア幅として認識します。ドアのはしまでいったときに、しっかりととめてください。
吊りドアなどで、戸当たりがない場合は、木材などでおいて、ドアがその場で止まるようにしてください。動かなければ、ビスなどで固定する必要はありません。

準備が終わったら、AC100Vコンセントに製品付属のアダプターをつなぎます。本体の電源をいれます。自動でドアが動き出し、戸当たりまでゆっくり動き、もういちど戻ってきます。一度目でドア幅、二度目は半分ほど動いて、ドアの動きだしの重さ(負荷)を調べています。ドア設定中は、中央のランプが左から順に点灯し、終了すると、一番左の緑の色のランプだけが点灯します。

登録作業が上手くいかない場合

1.歯車とレールのあいだに隙間があり、空転している
2.戸当たりがしっかりしていない 動いてしまう
3.オートスライドの歯車かモータを固定しているビスがゆるんでいる

のいずれかが原因です。施工をやりなおし、初期化をおこなってください。初期化は以下の方法で行います。

1.電源をいれたままで、ディップスイッチ1現在の方向と逆にいれる

例 onであれば、off側(奥へ)

2.ドアが動き出したことを確認し、ディップスイッチ1もとの方向に戻す

ディップスイッチを往復させることで、現在のドア幅、ドア重量をリセットし、再度読み込ませます

これで設定は完了です。一度設定すれば電源を切ってもドアデータは記憶されます。疑似的に戸当たりとした木材は取り除いてください。

4.タッチスイッチを登録する(2秒)

付属のタッチスイッチは無線式です。登録することで使用可能です。

登録方法 

1.タッチスイッチの電池シールを外し、青いランプがつくかご確認ください。

2.本体コントローラー右のAutoslideロゴ下にあるsenser learnボタンを押してください。赤く点灯します。点灯中にタッチスイッチをおします

点灯→点滅に変われば、登録完了です


人感センサー(超音波・赤外線型)、手かざしセンサーの設定は別途マニュアルを御参照ください

オートスライド マニュアル (下をクリック)

日本版オートスライドについて

オートスライドはもともと豪州のAutoslide社で設計・開発されたものです。
日本においてて販売されているものは、すべてオートスライド・ジャパン(株式会社ファースト・レイズ、アースウォーカートレーディング株式会社)の監修の下、Autoslide本社のデザインを経て、電気仕様、設置方式、マニュアル、オリジナルセンサーを日本国内専用とした地域限定モデルとなっております。

海外で販売されているオートスライドを国内にそのまま設置した場合、火災、誤作動などがおきる可能性があり、それらについてはオートスライド・ジャパンの一切関知いたしません。また、海外版は日本国内の家電製品規格のPSE等の取得をしておりません。必ず日本版のオートスライドをご購入ください。

おすすめの記事