医療機関の複数のトイレの開き戸を後付けで自動ドアに|八王子【FAS07事例】

トイレのドアを後付けで自動ドアに

工事のポイント

  • 八王子の医療機関のトイレの開き戸を後付けで自動ドアに
  • 土日の限られた時間の中で4台を施工
  • 狭い室内を自動ドアにしたことでスペースが広がった
  • 手かざし+人感センサーを設置し衛生対策もばっちり

トイレの開き戸を非接触で自動ドアにしたい

東京の八王子市の公的な医療機関で、トイレの開き戸の自動ドアへの改装をおこないました。

今回も、オーダーメイドの後付け自動ドアFAS07を使用して施工しています。

こちらは医療機関の研究所です。

屋内では土曜日にかかわらず、たくさんの方が働いておりました。

新型コロナウイルスの感染者数は落ち着いてきたとはいえ、コロナ以前とは働き方も環境も大きく変わってきたと思います。

こちらの事業所でも、トイレに入るにはドアノブを触る必要があるため、非接触での通過をご希望とのことで今回の工事となりました。

ドアはトイレ内側に開く仕様となっていますが、トイレ個室がドアぎりぎりのところに配置しており、ドア前が非常に狭いのが問題でした。

うっかりしていると、ドアが開いたときにぶつかってしまいます。

かなり使いづらいし、危険なこともあったかと想像します。

とはいえ、もともとトイレ自体のスペースが狭いので個室を作るとなると、他にやりようがなかったでしょうねえ。

感染対策に気をつかわれており、ジェットタオルは使用禁止で、手を洗ったあとは専用の紙でふきとり、紙はゴミ箱に入れて退出するような取り決めとなっていました。

しかし、この紙とゴミ箱がドアの手前にあるため、非常にやりづらそうでした。

うっかりしていると、突然開くドアにぶつかりそうになります。

上記の写真の通り、室内側はスペースがなく、ドアは外に設置するしかないのですが、外は外で外壁がボード材であり、下地をさぐりながらの設置するという問題がありました。

まずはこのドアを外すところから。

ドアそのものは軽くて、一部さびてましたが、あっさりはずれました。

後付自動ドアを2日で4か所を設置する

今回は時間にも制限がありました。

こちらの事業所、基本的には日曜のみ休みとのこと。

土日の2日間で、8時から5時までのあいだで、一気に4台設置できないかとのこと。

このとき、土日同じ現場に入れる職人さんはひとりしかいませんでした。

大丈夫、やれますよ、ということで、お答えいたしました。

うちの仕事はほとんどが出たとこ勝負がほとんど。

ですが、事前シミレーションはしっかりやっておきます。

これ、非常に大事で「もしドアを外すのに時間がかかったら」「もし下地にアンカーがきかなかったから」などとできるかぎり想定し、いろいろと部品も持っていきます。

たいていは取り越し苦労ですが、それでもやっぱり想定外のことは起こるもの。

また、複数工事をやる場合、1か所目でいろいろ学習していくことで、先がずいぶんはやくなります。

1か所目の課題は、他でも想定されるため、次にどうすべきか予測をたててすすめられるからです。

で、実際に取り掛かってみると、あっさり2か所完成しました。

手かざしセンサーを取り付けて開閉する非接触通過

2日目も大きなトラブルもなく4台完成しました。

センサーはいつもの手かざし+人感のタイプで、手を近づけることで開くタイプです。

今回は単に感染症対策だけでなく、利便性、導線向上にもつながる施工になりました。

感染症対策によるトイレの開き戸の自動ドア化は弊社ファーストレイズの得意とするところです。

ご検討の場合は、ぜひファースト・レイズにお声がけください。

施工は関東、山梨、静岡と愛知の一部です。現地調査は無料です。


FAS07の詳しい製品情報はこちらから


株式会社ファースト・レイズCEO

この記事を書いた人

株式会社ファースト・レイズCEO・八木幹夫。日本電産サーボ株式会社にて自動ドアなどの産業機器向けモーターの技術営業を5年経験した後、株式会社ファースト・レイズを設立。後付けに特化した自動ドアの開発・施工販売をしています。難しいドアにどうやったら自動ドア装置を取り付けられるか考えることがやりがいです。趣味はドライブ、アウトドア、読書、車いじり。

お電話・メールでの
お問い合わせ・
お見積もり・ご相談

しつこい電話営業などはしない
ことをお約束いたします。
ちょっとしたことでもお気軽に

お問い合わせください。

施工対象エリア:東京・神奈川・埼玉・群馬・栃木・茨城・千葉・山梨・静岡
※それ以外の地域の場合はご相談ください。出張費別でご対応できる地域もございます。

トイレの開き戸を後付けで自動ドアにしたほかの事例