開き戸を自動化する場合

開き戸のメリットとデメリット

私たちの元には、たくさんのドアの自動化お問合せがございます。

そのなかでもドア、スイングタイプ(開き戸)のドアをそのまま自動化したいというお問合せはかなりありますが、私たちは、まず「引き戸にしませんか」とご提案させていただいております。

私たちは開き戸用の自動ドアも販売しており、だからこそ、開き戸の自動ドアのメリットとデメリットをよく知っています。

開き戸そのまま自動ドアにするメリットは小スペースで済むことです。

一方で、デメリットは少なくとも3つはあります。

1.ドアが開く方向に人がいると危ない
2.ドアのヒンジ(ドアと枠の間)に指を入れると大きな怪我をする可能性がある
3.外部に通じるドアの場合、気圧、天気によってドアが重くなり、うまく動かないことがある

上の3つの点は、スイングタイプがリフォームの際に、引き戸に変更される理由でもありますよね。

引き戸はメリットが多く、デメリットが少ない。引き戸と開き戸はちょうど逆。

メリットは上記の1~3がすべてクリアでき、デメリットはドアを引き込むためにスペースが必要となることです。

ただ、この引き戸のスペースですが、最近はアウトセット(枠の外へ出す)で後づけしてしまう方法でクリアできますし、二連の引き戸でも対応はできます。

二連引き戸であれば、ドアそのものの収納部は約1/3で済みます。

二連の引き戸

二連の引き戸・このタイプであれば、ドアそのものの収納部は約1/3で済みます。

二連引きタイプで、既存の手動ドアをつける場合、オートスライドでは対応できません。

FAS07であれば、金具で引っ張るため、対応可能です。

また、FAS07にはもともと二枚を並行で吊るタイプもありますので、お客様の状況に合わせて、コストと耐久、どちらがよりノントラブルで耐久性が高いか、現場ごとの判断となります。

FAS07を使った開き戸を引き戸自動化にした実例

実例でご紹介いたします。

下は東京都でのある飲食店のリフォームの例です。

ビルの一角にあり、古くて重い手動のドアが付いておりました。

開き戸を自動化する場合

古くて重い手動のドア

こちらをまず外して、ドアを引き戸に変更、私たちの後づけで自動ドアシステム(FAS07)で自動化してしまいます。

ドアは通常の自動ドアと同じアルミタイプのものとし、防火区域のため、菱網いりのガラスをご提案いたしました。

FAS07は一般的な自動ドア装置そのものですので、工事も一般的な自動ドアのそれと変わりません。

違うのは、自動ドア装置を壁内に内蔵しないことですね。

反対側から見ると、ドアの名残りがあり、分かりやすいかもしれません。

ただ、もともとスイングドア(開き戸)だったよ、とは言われないと分からないと思います。

開き戸を引き戸にして自動ドア化(写真1)

開き戸を引き戸にして自動ドア化(写真1)

開き戸を引き戸にして自動ドア化(写真2)

開き戸を引き戸にして自動ドア化(写真2)

開き戸を引き戸にして自動ドア化(写真3)

開き戸を引き戸にして自動ドア化(写真3)

この事例では、アルミ材の自動ドア用のドアを作ったため、工事内容は、ほぼ新規設置に近かったですが、それでも壁内に内蔵するタイプの自動ドアを設置するよりは、安くあがりました。

オートスライドを使う場合は

オートスライドの場合はまず、手動のドアを設置いただく必要がございます。

アウトセットでの設置であれば、たとえばソフトクローズのないタイプがおすすめです。

まず、手動ドアをつけ、その上にオートスライドを設置します。

ドアが安く手に入り、設置できれば、20万円台でスイングドアが、引き戸の自動ドアになった事例もございます。

オートスライドは基本的には法人様への通信、卸販売製品です。

まず、工務店さまや建具屋さまにスイングドアの撤去、後付けでの引き戸設置をご相談し、そのうえでオートスライドの設置もご相談する、という流れが、一番多いと思います。

実際、毎月いただくご注文の1/3はリフォームを手がける工務店さまからのもので、そのうちさらに半分が引き戸の後づけ、新規設置も兼ねています。

引き戸を後づけし、それを後づけ自動ドアで引くという方法について、ご不明点ございましたら、とにかくご連絡ください。

 

FAS07の詳しい製品情報はこちら

 

個別の相談やお見積もりなどはこちら

 

おすすめの記事