両開き戸(観音ドア)を外して、自動ドアにしたい

FAS07施工前

施工前

FAS07施工後

施工後

今回はコインランドリーのスイングドア、開き戸の自動化です。最初に施工前と施工後のお写真を。施工後が暗いのは、単純に施工しているうちに夜になってしまったからです。しかもこの日は、すごい雷雨でした。

自動ドアのお見積りが高すぎたらご相談ください

FAS07施工前 FAS07施工前

じつは、うちにお話がくるまえ、別メーカーさんに依頼したところ、このままでは自動ドアにはできない。入り口すべてをこわして新規の工事をする必要がある、とのこと。当然、お見積りはざっくり150万程度だったとのこと。

また、そのお見積りでは片引き戸、ということだったようです。

コインランドリーという業態上、洗濯機など機械の搬入もあるため、片引き戸では、開口幅が狭く、万一の時に困ると思いましたので、弊社では二枚の引き戸を使った両引きを提案。コインランドリーですので、時間がきたら自動で施錠、解錠するようにタイマーつけ、補強工事やモール配線、電気工事すべてコミコミで、当初見積もり案(150万円)のおよそ半額でのご提案となりました。

なるべく壊さないから安くあげられる

ガラスの欄間部分

取り付けるにあたって問題となったガラスの欄間部分

今回、最初に問題となったのが、開き戸に付随していたガラスの欄間。

別の自動ドアメーカー様も、これを見て、すべて壊して、新たに壁をつくると提案してきたようです。たしかに壊すのも一つの考えですが、ただお金がかかりすぎますよね。

それで考えたのは、ガラス欄間の内側にアルミ材の梁を補強する方法です。

自動ドア装置を施工するために、別に全面に壁をつくる必要はありません。装置が設置される部分だけ梁があればいいわけで、ここは新たなアルミ製の梁をつくることにしました。

ここでのポイントは、裏側からガラスで丸見えだったため、梁にも塗装をして、デザイン性をある程度もたしたこと。なにか後付け感があっては台無しなので、しっかりと作りこみました。

あとはいつものように装置をつけていくだけ。今回は既存のドアが開き戸であったため、ドアは流用できず、新規にアルミ製のガラス引き戸を2枚つくりましたが、もともとの内装と違和感なく施工できました。

アルミ製の梁

アルミ製の梁をつけることで施工費用を大幅にカット!

FAS07完成後(内側)

完成(内側)

FAS07完成後(外側)

完成(外側)

今回のような開き戸でお困りの際は、ぜひファースト・レイズにお声がけください。タイマー駆動による自動施錠なども問題ございません。

施工は東京、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城、静岡と愛知の一部です。現地調査は無料です。

おすすめの記事